読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風30号の死者・行方不明者 1

台風30号の死者・行方不明者 1

今年最大の台風がフィリピン上陸、1200万人に影響も
ロイター 11月8日(金)17時9分配信

[マニラ 8日 ロイター] -今年最大の勢力を持つ台風30号がフィリピンに8日上陸し、数百万人が避難している。専門家によると風速は約87メートルに達する。

台風の影響でレイテ島とサマル島ではおよそ6メートルほどの高波を観測した。南レイテ州で停電が発生したほか、サマル島では通信が途絶えた村があるという。

その後台風は、観光地として人気のボラカイ島などの離島を巻き込みながら、人口密集地のフィリピン本島の中部および南部に向けて進んだ。

当局は住民少なくとも1200万人に影響があるとして警戒を呼び掛けている。その中には先月、マグニチュード7.1の地震による被害を受けたばかりのセブ島なども含まれる。

バンタヤン島では1人が行方不明となったほか、1人が倒れた木の下敷きとなっているという。当局は通信が途絶えているため、安否は確認できないとしている。

交通にも大きな影響が出ており、国内線およそ200便が欠航となったほか、バスやフェリーが運航を休止している。また同国中部では学校や企業、店舗が休業を余儀なくされた。

気象当局によると9日に台風はフィリピンを離れ、南シナ海上に抜けるとみられているが、さらに勢力を増して中国またはベトナムへ向かうおそれがある。

      (ヤフーニュース からです)

  終わりまでお読みいただき、ありがとうございました。