読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風30号 11月20日

 

フィリピンへの「友好の情」=海軍の病院船派遣―中国
時事通信 11月20日(水)18時45分配信

 【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は20日の記者会見で、海軍の病院船を台風被害に遭ったフィリピンに派遣することについて、「人道主義と中国人民のフィリピン人民に対する友好の情を示すため」と述べた。

 「平和の箱舟」号は21日に被災地に向かうという。同船はヘリコプターを搭載できる大型船で、現地で負傷者の治療などに当たる。

 病院船の派遣は日米に対抗するとともに、南シナ海の領有権問題で悪化したフィリピンとの関係改善のきっかけにする狙いもあるとみられる。

    (ヤフーニュース から)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<比台風>数百人、空港で順番待ち「ここでは暮らせない」
毎日新聞 11月20日(水)20時38分配信

【タクロバン(フィリピン中部)佐藤賢二郎】台風30号で壊滅的な被害を受けたレイテ島から被災者の脱出が続いている。

救援活動が本格化して食料や飲料水が被災地に行き渡り始めているが、家を失った被災者が暮らす避難先の学校や教会の環境改善は進んでおらず、被災者の一人は「今日まで頑張ったが、これ以上ここでは暮らせない」と話した。

 強烈な日差しとアスファルトの照り返しで、体感温度は30度を超える。タクロバン空港の滑走路では、早朝から数百人の被災者が疲れた表情でフィリピン軍や各国が派遣した輸送機で被災地を脱出する順番を待っていた。

 朝6時から並んでいるというアンジェラ・チャベスさん(40)は娘のアントネッテちゃん(5)を抱きながら「今日は乗れそうにない。本当に疲れた」と力なく話した。

生後4カ月の娘と5人のおいやめいを連れたアナリン・ユウさん(30)は高潮で家を失った後、教会で生活していた。しかし、教会の屋根は台風で飛ばされ、日が差し雨が吹き込むという。

「ここには子供たちが安心して暮らせる場所はない」と語り、いつ回ってくるか分からない順番をじっと待っていた。

 警備に当たるフィリピン軍兵士は「毎日早朝から被災者が並ぶが、輸送機の容量に限りがあり、乗れないケースも多い」と言う。
 (ヤフーニュース からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

邦人11人の捜索難航、出国・転居者も フィリピン台風
朝日新聞デジタル 11月20日(水)21時2分配信

 【タクロバン=中野寛】台風30号がフィリピンを襲ってからまもなく2週間になるが、被害が大きかったレイテ島、サマール島の「在留邦人」133人のうち、まだ11人の安否が確認されていない。

すでに出国したり、転居したりした人も多く、作業は難航しそうだ。

 20日午前。レイテ島中心部のタクロバンから、両脇にがれきの積み上がる道路を車で約2時間。小さな町の民家前で、外務省職員たちがバンを降りた。2人の日本人の名前が書かれた在留届の住所だ。

 出てきたのは、アイ・ピー・イズイさん(10)。日本人の父とフィリピン人の母の間に誕生した女の子だ。日本で生まれ、2007年ごろに家族でフィリピンへ来たという。   

  (ヤフーニュース からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

日本の支援チーム第2陣がマニラ到着…比台風
読売新聞 11月20日(水)20時30分配信

 【マニラ=石崎伸生、セブ(フィリピン中部)=比嘉清太】台風30号によるフィリピンの被災地で活動するため、日本の国際緊急援助隊・医療チームの第2陣が20日、マニラに到着した。

 21日には被害が甚大な中部レイテ島タクロバンに入り、第1陣に代わり12月初旬まで医療支援を継続する。

 第1陣は15日からタクロバンと東隣のサマル島バセイなどで活動、約650人の患者を診療した。第2陣は医師と看護師ら29人。

 一方、自衛隊は20日、C130輸送機2機でトラックなどの支援物資をマニラからタクロバンに運ぶとともに、初めて計約70人の被災者をマニラへ送った。

家族7人で同輸送機に乗り込んだマリア・ジャヒルさん(25)は「父が待つマニラに行ける。本当にうれしい」と涙ぐんだ。

    (ヤフーニュース からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィリピン台風、墓場から流し出された遺体
AFP=時事 11月20日(水)22時43分配信

【AFP=時事】フィリピン東部の墓地で、墓石の上に頭蓋骨が転がり、墓場から腕が突き出ている──台風があまりに強力だったため、死者が土から引きずりだされたのだ。

フィリピンの台風被災者、日曜礼拝で祈り

 台風30号(アジア名:ハイエン、Haiyan)は、東サマール(Eastern Samar)州の小さな町ヘルナニ(Hernani)で75人の死者を出した。さらに45人が今も行方不明だ。

 そしてまるで悪夢の一幕のように、あまりに強力な台風は、地元の墓地を通り過ぎたときに墓場から遺体を流し出した。

 台風が去った後、生存者たちは墓地の荒廃ぶりを見ておののいた。

「身の毛もよだつ光景だった。死者の一部は墓場から半ば外に突き出ていた。他の遺体は路上に散乱していた」と、近郊のボロンガン(Borongan)カトリック教区から救援活動に参加したクレア・グレゴリオさんは語った。

 AFPの取材班が訪れた日、ひっくりかえされ、破壊されたコンクリートや大理石の墓石が、墓地一帯に散らばっていた。

 ヘルナニの人々は、死者を再び埋葬するために当局の支援を待ってはいられなかった。教区司祭の祈りを受けた後、遺体の大半は共同墓地に再び埋葬された。【翻訳編集】 AFPBB News

  (ヤフーニュース からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇