読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風30号 11月10日~11月12日

今年最大の台風がフィリピン上陸、1200万人に影響も
ロイター 11月8日(金)17時9分配信

[マニラ 8日 ロイター] -今年最大の勢力を持つ台風30号がフィリピンに8日上陸し、数百万人が避難している。専門家によると風速は約87メートルに達する。

台風の影響でレイテ島とサマル島ではおよそ6メートルほどの高波を観測した。南レイテ州で停電が発生したほか、サマル島では通信が途絶えた村があるという。

その後台風は、観光地として人気のボラカイ島などの離島を巻き込みながら、人口密集地のフィリピン本島の中部および南部に向けて進んだ。

当局は住民少なくとも1200万人に影響があるとして警戒を呼び掛けている。その中には先月、マグニチュード7.1の地震による被害を受けたばかりのセブ島なども含まれる。

バンタヤン島では1人が行方不明となったほか、1人が倒れた木の下敷きとなっているという。当局は通信が途絶えているため、安否は確認できないとしている。

交通にも大きな影響が出ており、国内線およそ200便が欠航となったほか、バスやフェリーが運航を休止している。また同国中部では学校や企業、店舗が休業を余儀なくされた。

気象当局によると9日に台風はフィリピンを離れ、南シナ海上に抜けるとみられているが、さらに勢力を増して中国またはベトナムへ向かうおそれがある。

      (ヤフーニュース からです)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

フィリピン台風 死者1万人の情報も、被害の全容解明はまだ

CNN.co.jp 11月10日(日)17時19分配信 (CNN)

 フィリピン中部の島しょを直撃した超大型台風30号(ハイエン)の被害で、最大の被災地とされるタクロバン市があるレイテ州(島)の警察首脳は10日、同州内だけで最大1万人の住民らが死亡した恐れがあるとの懸念を示した。フランス通信(AFP)が伝えた。
 
警察幹部によると、この数字はレイテ州政府当局者との9日夜の会合で持ち出されたという。 台風による犠牲者数についてはフィリピン赤十字の責任者が、タクロバン市で推定1000人、隣接するサマール島で200人との見方を示していた。
 
同国政府は10日朝の段階で、確認した死者は151人、負傷者は23人と発表している。自宅などを失った住民は47万7000人以上としている。
 
台風30号がもたらした被害の全容解明にはあと数日間かかるとの見方がある。被災地との通信網が遮断され、進入が依然不可能な地域も多い。

今回の台風は、国土に上陸した台風では歴史上、最大勢力との指摘もある。 壊滅的な被害を受けたタクロバン市では略奪行為の発生も伝えられ、国家警察と軍は10日、警官らの追加派遣に踏み切った。

地元メディアは、市内の食料品店や現金自動出入機(ATM)を襲う住民らの姿をとらえたビデオ画像を流した。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
<フィリピン>1万人超が死亡か…猛烈な台風直撃

 毎日新聞 11月10日(日)11時7分配信  

猛烈な台風30号が直撃したフィリピンで、ロイター通信などは10日、地元警察幹部らの話として犠牲者は1万人以上にのぼる見通しであると伝えた。
 
 同通信などによると、台風の直撃を受け最も被害が大きいとみられる中部レイテ島では、犠牲者は地元政府の推計で少なくとも1万人にのぼる。多くが水死や倒壊した建物による圧死だという。
 
 フィリピン国軍や警察に加え、国連の専門チームなどが現地入りして救助活動を本格化させ、被害状況の把握を急いでいる。【林哲平】 
      
                       ( ヤフーニュースから ) 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
台風30号、今度はベトナム接近…88万人避難
読売新聞 11月10日(日)23時3分配信


 【バンコク=石崎伸生】フィリピン中部に甚大な被害をもたらした台風30号は10日、南シナ海を北西に進み、ベトナムに接近した。


 ロイター通信などによると、ベトナム中部では同日、台風の接近に伴う暴風雨の影響で6人が死亡し、数十人の負傷者が確認された。


 台風30号は、11日にベトナム北部に上陸するとみられている。ベトナム政府は台風への警戒を呼びかけており、沿岸部を中心に約88万人が避難したという。

.最終更新:11月10日(日)23時3分

      (ヤフーニュースからです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
フィリピンで猛威の台風30号ベトナム北部に上陸 
AFP=時事 11月11日(月)19時49分配信 

【AFP=時事】
フィリピンで猛威を振るった超大型の台風30号(アジア名:ハイエン、Haiyan)は11日早朝、ベトナム北部に上陸した。 

 週末にかけてフィリピンを縦断し、中部の町や村を破壊し犠牲者が1万人を超える可能性があるなど甚大な被害を出した台風30号はやや勢力を弱めたものの、
 
激しい雨を伴い風速33メートルの勢力を保ったまま、首都ハノイ(Hanoi)や北部の州で屋根を飛ばしたり木をなぎ倒したりするなどの被害を出している。
 
また3人が行方不明になっているとの情報もある。 

 同国の災害当局は11日午前の時点で死者の情報はないとしているが、国営メディアは台風への備えをしていて5人が死亡したと伝えている。 

 台風30号の接近に備え、ベトナムでは週末にかけて65万人以上が避難したが、国営メディアはこれまでに全員が帰宅したと報じた。【翻訳編集】 AFPBB News

    ヤフーニュースからです。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

海面が一気に4メートル上昇、空港管制塔も破壊

読売新聞 11月11日(月)17時54分配信

 【マニラ=鈴木隆弘】首都マニラ南部の空軍基地では11日朝、被災地への大量の救援物資を輸送機に積み込む作業が行われた。

 国際空港でも、各国の救助隊員が続々到着している。

 台風の直撃を受けたフィリピン中部からの報道によると、高潮が被害拡大の重大な要因だったことが明らかになっている。

ロイター通信によると、中部レイテ島の中心都市タクロバンでは、海岸から約1キロ離れた場所でも家屋がめちゃくちゃに壊れ、電柱や樹木が倒れる被害も出ている。高潮で海水が猛烈な勢いで流れ込んだとみられる。

 タクロバンの空港は管制塔などが破壊される被害を受けた。空港関係者はロイター通信に対し、台風の通過時には水位が一気に4メートル上昇し、ドアが使えず窓を開けて逃げたと語った。

タクロバンのホテルに宿泊していた人も「水は2階まで来た」と話しているという。

  (ヤフーニュースからです).
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
「町が消えた、あの時と同じ」=震災と重なる光景、目撃の日本人―フィリピン
時事通信 11月12日(火)14時51分配信 

 がれきの山、ひっくり返った自動車…。台風で甚大な被害を受けたフィリピン・レイテ島。「町が跡形もなく消えてしまった」。壊滅状態となった中心都市タクロバンの惨状を目撃した日本人は言葉を失った。 

 「東日本大震災津波に襲われた町と同じようだ」。フィリピン中部のセブ島で、遊覧飛行などを主催する会社の会長を務める石田武司さん(69)は、台風30号が通過した9日以降、レイテ島の上空を飛行機で連日飛び続けている。

眼下に広がるのは、目を覆いたくなるほどに変わり果てた町の姿だ。 

 原形をとどめている住居は見当たらず、2、3階建ての建築物がコンクリート部分だけを残し点在。工場の屋根は吹き飛び、その中に見えたのはがれきだけだった

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 
「島外へ!」空港に住民殺到…レイテ島ルポ 

読売新聞 11月12日(火)16時47分配信 

 【タクロバン(フィリピン・レイテ島)=門間順平】台風30号の直撃で壊滅的な被害を受けたフィリピン中部・レイテ島では、発生から4日がたっても十分な救援活動が行われず、住民たちは不安な夜を過ごした。
 
州都タクロバンの空港には12日朝、軍用機で島外に避難しようと住民が殺到した。 

 比軍の拠点が設けられた空港は、支援物資を求めたり、物資を運ぶ輸送機で島外へ避難しようとしたりする住民であふれている。 

 11日夜、屋根の鉄骨がむきだしになったターミナルをのぞくと、被災した住民たちで埋め尽くされていた。基地局が壊れ、通話不能になった携帯電話の明かりがあちこちでぼんやり光る。 

暗闇に怖がってぐずる幼児をあやす若い母親などが照明代わりに使っていた。軒下には、中に入れなかった人たちが壁にもたれて所在なげに夜空を見つめている。 

   (ヤフーニュースからです)

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

<比台風>米、空母を支援派遣
毎日新聞 11月12日(火)11時28分配信

台風30号の経路
 【セブ(フィリピン中部)岩佐淳士、ワシントン西田進一郎、ニューヨーク草野和彦】フィリピン気象庁の12日の発表によると、同国南部ミンダナオ島ダバオに新たな熱帯低気圧が接近している。

中部に甚大な被害をもたらした台風30号と似たコースをたどっており、米軍が原子力空母の投入を決定するなど国際救助活動も本格化するなか、2次災害の懸念も強まっている。

在フィリピン日本大使館は在留邦人に注意を呼びかけている。

【被害拡大させた「スーパー台風」の仕組み】「吹き寄せ」「吸い上げ」で高潮

 熱帯低気圧はダバオ東方の海上にあり、北西に進んでいる。12日にも南部に達し13日朝にかけ横断すると予想。日本大使館は台風30号で地盤が緩み2次災害の危険性があるとして注意喚起している。

 米軍は11日、フィリピン・レイテ島での救援活動を本格化させた。在沖縄海兵隊員約90人が現地入りし、救援物資を輸送するとともに、追加派遣も予定。ヘーゲル国防長官は香港に寄港中だった米海軍の原子力空母ジョージ・ワシントン」に現地に向かうよう指示した。

 フィリピン政府の要請を受けた出動で、海上の捜索・救助、輸送支援などを実施する。さらに、海兵隊員や垂直離着陸輸送機MV22オスプレイなどを追加投入する予定だ。

 一方、国連人道問題調整事務所(OCHA)は11日、フィリピンの被災地への緊急支援として、2500万ドル(約25億円)を拠出したことを明らかにした。

 OCHAによると、台風の被災者は約980万人に達し、推定約66万人が避難生活を強いられている。道路や空港などのインフラも破壊され、被災地への支援物資の輸送も困難な状況だ。

ジョン・ギング業務局長は「飲料水を届けることが最優先課題だ」と語った。

 フィリピンの国家災害対策本部は11日夜、死者が1774人に拡大したと発表。死者は1万人に上るとの見方もある。通信網の寸断などで、被害把握も難しい状況だ。

    (ヤフーニュース からです).

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇