読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウクライナ情勢 9月6日~9月9日 停戦合意

ウクライナ情勢 9月6日~9月9日 停戦合意

 
 

ウクライナと親ロシア派が停戦合意、欧米は新たな対露制裁を検討

AFP=時事 9月6日(土)9時19分配信

【AFP=時事】ウクライナと親ロシア派武装勢力が5日、停戦に調印し、約5か月に及ぶ流血の紛争が終わる可能性が生まれた。だが、親ロシア派勢力によるウクライナ東部の分離独立を求める動きは抑えられそうにない。

英でNATO首脳会議、ウクライナ情勢めぐりロシアを非難

 欧米諸国は停戦に懐疑的で、ロシアがウクライナに侵攻したのは明白だとして、新たな厳しい制裁をロシアに科す計画を継続している。

 バラク・オバマBarack Obama)米大統領は、欧州連合(EU)と米国による新たな対露制裁はロシアの国防、エネルギー、金融部門を狙ったもので停戦の「遂行」を保証するために必要だと指摘した一方、停戦が維持されるなら制裁の解除もあり得ると述べた。

 北大西洋条約機構NATO)は5日、英ウェールズWales)のニューポート(Newport)で開いた首脳会議で、数千人規模の新たな即応部隊の創設を承認。NATOは東欧で継続的に存在感を示すことでウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)露大統領を恐れる旧ソ連構成国を安心させようとしている。

 欧州安保協力機構(OSCE)が概要を示した停戦条件によると、ウクライナと親ロシア派は部隊の撤収、捕虜の交換、ウクライナ東部の戦禍を被った地域に人道的支援を送ることに合意した。

 ウクライナペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領は「この停戦の長期継続は今からはわれわれ双方の責任だ」と述べたが、停戦合意はウクライナの中心的な工業地帯の実質的な支配を親ロシア派に認める可能性もはらんでおり、ウクライナ政府はプーチン氏に降伏したとしてポロシェンコ大統領が批判される恐れもある。【翻訳編集】 AFPBB News

  (ヤフーニュース 国際総合からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

親露派と停戦合意 ウクライナ応戦困難、受け入れ

産経新聞 9月6日(土)7時55分配信

 【モスクワ=佐々木正明、ニューヨーク=黒沢潤】

ウクライナのポロシェンコ政権にとって、親ロシア派武装勢力との停戦合意は、崩壊寸前の国内経済を回復基調に乗せる上で不可欠な条件だった。 

国内でも一定の評価の声が上がっているが、親露派は支配領域の「特別な地位」を要求しており、どこまで要求に応じるかが今後の焦点となりそうだ。

 ウクライナ国防当局によると、東部の親露派は8月下旬からのロシア軍の増派を受け、支配領域を拡大している。

 ウクライナ国連大使は4日、露軍部隊戦車4両などがアゾフ海沿いのマリウポリに向け移動したのを確認したと指摘した。
 

軍事筋によると、政府軍は4月からの戦闘ですでに大きな被害を受けており、勢いを回復した親露派への応戦は困難で、ポロシェンコ政権にとっても停戦受け入れは待ったなしの状況にあった。

 停戦はまた、10月26日に予定されるウクライナ最高会議(議会)選挙を安全に実施する上でも意義がある。
 

11月には東部の復興に向けた国際会議も予定されているが、親露派がどう出るかは予断を許さず、双方の交渉は曲折も予想される。

  (ヤフーニュース 国際総合からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  • 黒海周辺のニュース見出し 9月5日 

ヤフーニュース 国際総合 9月5日

黒海周辺のニュース見出し 9月8日


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ウクライナ>大統領 東部訪れ親露派の独立阻止アピール

毎日新聞 9月8日(月)23時45分配信

 【モスクワ真野森作】

ウクライナのポロシェンコ大統領は8日、戦闘が続いてきた東部ドネツク州の港湾都市マリウポリを訪問し、5日夜に始まった停戦の履行と親ロシア派支配地域の独立阻止をアピールした。

 

また、停戦合意に基づき、親露派側が拘束していた約1200人の政府側将兵を解放し、政府に引き渡したと明らかにした。ロイター通信が伝えた。

 ポロシェンコ氏はマリウポリで「我々の土地は誰にも渡さない」と宣言し、「防衛強化を軍に指示した」と述べた。アゾフ海への出口となる要衝のマリウポリは、6月下旬に政府軍が親露派から奪還し、「暫定州都」に定められた。

 

8月下旬以降、ロシア軍の支援を受けた親露派側が反転攻勢を強め、マリウポリを包囲している。停戦後も一部で交戦があり、鉄道で脱出を図る市民が増えている。

 親露派指導者のザハルチェンコ氏も8日、捕虜交換が「相互とも順調に進んでいる」とロシア通信に明らかにした。7日に引き渡しを始めた親露派側に続き、政府側も8日に開始した模様だ。

 一方、全欧安保協力機構(OSCE)議長国・スイスのグレミンガー常駐代表は8日、「不安定さは残るが、停戦はおおむね守られている」と述べた。OSCEはウクライナに約250人の監視要員を派遣している。

  (ヤフーニュース ヨーロッパからです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

親ロ派、捕虜1200人解放 停戦合意を一部実行

朝日新聞デジタル 9月9日(火)1時40分配信

 ウクライナのポロシェンコ大統領は8日、政府と親ロシア派による停戦合意後の4日間で、親ロシア派に拘束されていたウクライナ軍の兵士ら計1200人が解放されたことを明らかにした。

訪問先の東部ドネツク州の港湾都市マリウポリで記者団に語った。

 ウクライナ・メディアが伝えた。ポロシェンコ氏は「さらに863人が今週末までに解放されるはずだ」と述べた。

 政府と親ロシア派が5日に交わした停戦の合意文書では、同日夕からの停戦とあわせ、「すべての人質や違法に拘束された人々を直ちに解放する」ことが定められた。

これを受け、ウクライナ政府は親ロシア派に行方不明者などの名簿を渡し、親ロシア派側が調査を約束していた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウクライナ兵士1200人解放 OSCEは停戦順守に懐疑的

産経新聞 9月9日(火)7時55分配信

 【モスクワ=佐々木正明】ウクライナのポロシェンコ大統領は8日、東部親ロシア派武装勢力との合意に基づき、親露派がこれまで政府軍兵士1200人を解放したことを明かした。

 大統領は8日に訪れたドネツクマリウポリで兵士の解放を発表し、「(8日中に)彼らと面会する」と述べた。

政府と親露派の代表者は5日、ベラルーシの首都ミンスクで12項目に及ぶ停戦合意書に署名し、「捕虜や違法な拘束者の即時解放」を約束していた。政府側も親露派戦闘員を解放しているとみられる。

 しかし、停戦発効後もマリウポリなど数カ所で砲撃があり、ウクライナ政府と親露派の交渉を仲介した欧州安保協力機構(OSCE)幹部は8日、停戦が順守できるかどうかは「まだ疑わしい」と話した。

 ウクライナ国家安全保障会議の幹部は8日の会見で、ウクライナ東部ではまだロシア軍兵士が滞在していることを強調。

「彼らがわれわれの領土内にとどまる法的根拠は何もない」とし、退去するよう訴えた。幹部はまた、これまでの戦闘で、約2千人のロシア国籍の兵士が死亡していることも明かした。

  (ヤフーニュース 国際総合 ヨーロッパからです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 

ウクライナで墜落のMH17便「多数の高速物体が衝突」報告書

AFP=時事 9月9日(火)18時49分配信

【AFP=時事】親ロシア派が掌握するウクライナ東部に7月に墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便について、オランダ当局は8日に報告書を発表し、高速移動する多数の物体が飛行中の同便に衝突した後、機体が空中分解したとの見解を示した。

マレーシア機墜落、調査団がようやく現場入り

 MH17便の墜落では乗客乗員298人が死亡し、うち193人はオランダ人だった。
 

オランダ当局が公表した予備報告書は「マレーシア航空が運航していたMH17便は…外部から多数の高エネルギー物体が機体を貫いたことで構造的な損傷を受けた結果、空中分解したと思われる」と述べている。

 

多数の高速の物体が衝突したとすれば「記録装置のデータ記録が突然終わり、同時に管制塔との通信が途絶え、レーダーから機影が消えたことが説明できる」という。

 MH17便の墜落から2か月が経過して発表された34ページの報告書は、また同便がアムステルダムから離陸したときには安全に飛行可能な状態で、さらに「適格で経験豊富な乗務員」たちが搭乗していたとし、技術的な問題は無かったと述べている。【翻訳編集】 AFPBB News

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

マレーシア機撃墜「多数の物体貫通し空中分解」

朝日新聞デジタル 9月9日(火)21時9分配信

 マレーシア航空機撃墜事件の分析を進めていたオランダ安全委員会は9日、「大きなエネルギーを持つ多数の物体」が機体を貫通し、空中分解を引き起こした可能性が高いとする暫定報告書を発表した。

 

操縦や機器の問題を示す記録はないとした。2015年7月に最終報告をまとめる。

 事件が起きたウクライナ東部では当時、親ロシア派がウクライナ当局と戦闘を重ねており、地対空ミサイル「BUK(ブーク)」が使われたとみられてきた。標的の近くで爆発し、内部に込められた多数の榴弾(りゅうだん)を撃ち込む特徴がある。今回の報告はBUKを思わせる内容だ。

 報告書は、事故をめぐる状況について、機体の残骸が広範囲に散乱し、多数の小さな穴が開いている▽飛行データが午後4時20分3秒で突如、途絶▽航空管制との通信が失われるのと同時に機影がレーダーから消えた――などと列挙。
 

操縦室の音声記録には「技術的な問題や緊急事態を示すやりとりや警告音はない」とし、機器のデータも「通常飛行だった」とした。

(ヤフーニュース 国際総合からです)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ウクライナ兵士、停戦後も5人死亡…33人負傷

読売新聞 9月9日(火)22時6分配信

 【キエフ=石黒穣】ウクライナ安全保障国防会議のリセンコ報道官は9日、政府と東部の親ロシア派武装集団との間で停戦が発効した5日以後、武装集団の攻撃で9日までに軍兵士5人が死亡、33人が負傷したと発表した。

 これまで確認されていた民間人の死傷者に加え、軍兵士の被害も明らかになったことは、東部の不安定な情勢を裏付けている。

 ドネツク州の州都ドネツク港湾都市マリウポリでは、停戦発効後も武装集団による政府軍の検問所などへの砲撃が続いている。ニュースサイト、ウクライナプラウダによると、ドネツクでは9日未明にも砲撃があり、住民1人が負傷した。

 リセンコ報道官はまた、停戦合意に基づく捕虜交換で、武装集団に解放された政府軍兵士は648人になったと述べた。このほか500人の捕虜解放を交渉中だという。
 

ポロシェンコ大統領は8日、解放された政府軍兵士は1200人と述べたが、この数字には武装集団が拘束していた民間人なども含まれるという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

極東で軍事演習=ロシア

時事通信 9月9日(火)23時35分配信

 【モスクワ時事】ロシア軍の東部軍管区(司令部ハバロフスク)は9日、極東カムチャツカ半島で抜き打ちの軍事演習を開始したと発表した。

 

航空機40機以上、艦艇約20隻、兵員1500人以上が参加し、実弾訓練も行う。インタファクス通信が伝えた。

 ロシア軍は9月中旬、極東での大規模軍事演習「ボストーク2014」の実施を予告しており、今回の演習は準備段階と位置付けられている可能性がある。

  (ヤフsーニュース 国際総合からです)

 

終わりまでお読みいただき、ありがとうございました

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇